記事一覧

自己破産せす、頑張って返したいのですが?

借金がまだそれほど多額でない場合、あるいは保証人や連帯保証人がいるので、自己破産の申立てをしにくい場合などの債務整理の方法として、任意整理があります。「任意整理」とは、「多重多額債務者となった者が、支払可能な限度で繰り延べ返済するなどの弁済計画を立て、業者の承諾のもとに返済していく偵務整理の方法」のことです。具体的には、各債権者ごとの借金の金額を確認し、毎月返済にあてることができる支払金額の元になる金額を、それぞれの残っている借金に比例した金額を各債権者に支払う計画を立て、各債権者から同意を得たうえで返済していくという手順を踏みます。

任意整理は、3年から5年程度で完済することができる範囲の負債であるかどうかが大体の目安です。自分の収入から考えて、その返済に5年以上かかるような借金の場合、自己破産の申立てをすることが多いようです。任意整理については、個人で行うのは難しく、一般に弁護士等に依頼することが多く、その場合の手順は、およそ次のとおりです。①債権者に対する受任通知②債務調査③債務確定④整理案(弁済案)の作成⑤債権者との交渉⑥整理案に対する債権者の同意⑦弁済の開始、といった順序で進められます。

債務額が努力しだいで返済できそうな場合の債務整理方法として、任意整理のほかに裁判所を利用した「調停」、「和議」があります。「調停」とは、裁判所の調停委員のもとで債権者と債務者が債務の一部免除や支払いの猶予などについて話し合い、一定の合意が成立すれば、これを調書に記載して整理をはかる方法で、調停はある意味では、裁判所を通した任意整理ということもできます。「和議」とは、偵務者が弁済の方法や担保の供与などの和議条件を債権者に提示、一定数以上の同意が得られたら、裁判所の許可を経たうえで、和議に基づいた支払いをしていくという整理方法です。